2009年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年06月

| PAGE-SELECT |

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイトはてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | コメント(-) | TOP↑ |

このエントリーをはてなブックマークに追加

ひさるきれでぃお 第二回はてなブックマーク - ひさるきれでぃお 第二回

―放送五分前 アジト茶の間にて映画鑑賞中―

深柳 「さすがはブルーディスク。美麗だね」

アキラ「ああ。それにしても、やっぱり初号機が一番だな。このフォルムは最高だ」

深柳 「アキラは何も解っていないな。零号機に決まってる。もちろん改装前」

アキラ「渋いなお前」

ヒサキ「ただいまー。お菓子いっぱい買ってきたわよ・・・って、あんたたち何見てんのよ。本番もうすぐ始まるってーのに」

アキラ「出たな、弐号機! 来い相手になってやる」

ヒサキ「い、いきなり何よ・・・。なんのことだかさっぱりわからないんだケド」

アキラ「ノリの悪いヤツだな」

深柳 「心の壁じゃない?」

アキラ「おっ、なるほど。そういうことか」

ヒサキ「・・・時々あんた達についていけなくなるわ」 

―放送開始―

『ひさるき@れでぃお~!』

ヒサキ「どっせーい! ってなわけで、再び始まりました。ヒサルキレディオ、第二回目の放送です。えー、第二回目の放送なのでもう自己紹介は大丈夫ですよね」

アキラ「いや、一応自己紹介したほうがいいんじゃないか」

ヒサキ「そ、そう?」

深柳 「ほら、そこにカンペ出てる」

ヒサキ「えーっとどれどれ。って、あのねぇ・・・絶対こんな台詞言わないわよ」

アキラ「やれやれつまらん女だな」

ヒサキ「あんですってぇ?」

アキラ「すまん前言撤回だ。危ないから炎を消せ。さすがの俺でも死ぬぞ、その火力は」

ヒサキ「問答無用だかんね!」

アキラ「み、深柳助けてくれ! ヒサキのヤツがいじめる!」

ヒサキ「こらーっ、リンの後ろに隠れんじゃなーいっ」

アキラ「はは。これが俺の最終兵器、その名も深柳フィールドだ。これでお前は攻撃できない」

ヒサキ「・・・小学生並の発想ね」

アキラ「なんとでも言えばいいさ。生き残る為なら俺は深柳を盾にする。悪く思うなよ深柳ぃ!」

深柳 「うん」

ヒサキ「むっきー! ちょっとリンそこどきなさいよ!」

深柳 「・・・さて、今回は第一章あるゲームの物語、其の六から其の九までのお話を追って行きたいと思います。シロツキとの戦闘から巨大な虎の化け物と遭遇のくだりまでかな」

アキラ「シロか。今思えば、派手な戦闘だったな。正直、どちらとも人間離れしていた気がするぞ」

深柳 「ああ。ヒサキが炎を蹴り飛ばした時はさすがに驚いたな」

アキラ「いやまったく。あの時も言ったが、おまえのどこにそんな火薬が詰まってんだ?」

ヒサキ「って言われてもねぇ。別にフツーに戦ったつもりよ。ただ漫画みたいなノリでやってみたら上手くいっちゃっただけだし」

深柳 「あれがフツーなのか」

ヒサキ「ていうか、リンだって相当じゃない。あのいけすかない小娘とのやりとりとかさ」

アキラ「そうだぞ。『動くな。森は僕のテリトリーだ』ってシーンはちょっと怖かったぜ。なんつーか、深柳なんだが深柳じゃないっぽいような。ま、よくわからんがそんな感じだ」

深柳 「うーん。あの時は必死だったからよく覚えてないな。アキラが危ないと思ってとっさに行動していたし」

アキラ「お前、まさか俺のことを・・・」

深柳 「き、気色の悪い目でこっちを見るなっ!」

アキラ「またまたそんなこと言って。お、よく見ると中々可愛いなお前」

深柳 「じょ、冗談はよせ。ちょっとヒサキ! って、遠巻きに傍観するな!」

ヒサキ「・・・うげー。一生わからない世界だわ。とりあえず、えんがちょ」

―CM中―

アキラ「だから冗談だって言ってるじゃないか。いっててて」

深柳 「・・・ここが森でなくてよかったな」

ヒサキ「リンのパンチはじめて見たわ。通称リンナックルってところね。私も負けてられないわ」

アキラ「おい、お前達なぁ。少しは手加減してくれないと、マジで身がもたんぞ」

ヒサキ「あんたが変なこと言うからでしょ」

深柳 「そういえば、今回はかなり冗長だがいいのか?」

ヒサキ「いいわよ。もう、このコーナーは好きにやらせてもらうわ! 尺なんてなんのそのよ」

アキラ「楽しそうだよなお前」

―本番再開―

ヒサキ「ヒサルキレディオ~。はいっ、というわけで・・・えー、フツオタのほうをご紹介させて頂きます。アキラ、適当にそっから選んできて」

アキラ「了解した。っと、これでいいか。ほれ」

ヒサキ「さーんきゅ。ええっとラジオネーム『真実はいつも今ひとつ』さんから頂きました。ありがとうございまーす。えー、お三方の好きな飲み物を教えてください。・・・なんだかパッとしない質問ねぇ」

アキラ「俺は午後ティーのストレートが一番だな。深柳は?」

深柳 「ヤクルトとかビックル。他にはマミーかな。ちょっとクセがあるけどね」

アキラ「ほぉ。なら今度買ってみるか」

ヒサキ「ま、そんなところよね。ありきたりだわ」

アキラ「んなこと言ったって、好きな飲み物なんざ広げようがないだろ」

深柳 「それじゃあヒサキは?」

ヒサキ「マックスコーヒーよっ!」

深柳 「は、はじめて聞いたかもしれない」

アキラ「それ知ってるぞ。千葉や茨城にしか売っていないドマイナーな飲み物だろ?」

ヒサキ「ところがどっこい、2月の後半に販売エリアを全国区に拡大したのよ! やっぱ私ってば目のつけどころがいいのよねー。絶対にこの飲み物はブレイクすると思ったもの」

深柳 「そんなに美味しいのか? 少し気になるな」

ヒサキ「ま、まーね」

アキラ「悪い事は言わん。やめといたほうがいいぞ深柳」

ヒサキ「ほんじゃ次のお便り。『OH!MY酢コンブ』さんから頂きました。ラティアはどうしてアキラさんとヒサキさんのことを殺人鬼と呼んだのですか。後、彼女の話では深柳さんが以前にもこのゲームに参加していたようなことを言ってましたがそれって本当ですか・・・いきなりマジな質問ね」

アキラ「だとよ。どうすんだヒサキ」

ヒサキ「ははン。ノーコメントに決まってるじゃない。今時の子は考えもせずにすーぐ質問するんだから。なんでもかんでも答えてもらえると思ったら大間違いよ。大体、今時のドラマやアニメって説明が長すぎるのよねー。たまにゃ材料だけぶん投げて視聴者にも料理の手伝いをさせたらいいのよ」

深柳 「こりゃまた饒舌だね」

アキラ「・・・まるで年寄りのそれだな」

ヒサキ「ふっふーん」

―CM中―

アキラ「まだ二回目なのに、こんなに飛ばしていて平気なのか」

ヒサキ「ポリポリ」

アキラ「柿ピー美味いか?」

ヒサキ「むぐむぐ」

深柳 「はい、水」

ヒサキ「ごくごく」

―エンディング―


ヒサキ「それではそろそろヒサルキ@レディオも終わりの時間です」

アキラ「なんだか今日は疲れたな」

深柳 「ああ・・・長かった気がする」

ヒサキ「コホン。構成作家曰く、まだまーだ冗長に書き連ねることは出来ますが、今日はこの辺で簡便してやります! とのことです」

アキラ「ありがたいことだな」

ヒサキ「はいっ、といったわけで。次回はチャプター3になりまして、其の拾に10.5話を挟んで其の拾壱までの間を振り返りたいと思います。眠りの雪景色に登場する謎の少女。そして対峙する深柳リンと巨大な黒虎。咆哮を上げたラティアが見たものとは。それではまた、次のチャプターでお会いしましょう!」

深柳 「それじゃあ次回も、」

アキラ「サービ・・・」 

ヒサキ「言わせないわよ!?」

そのままチャプター3へ
スポンサーサイト

| 未分類 | comments:0 | TOP↑ |

このエントリーをはてなブックマークに追加

けいおん!一巻ゲットだぜぃ!はてなブックマーク - けいおん!一巻ゲットだぜぃ!

先ほどついにけいおんの単行本1巻だけ見っけて買って来ました!ぃぇ~ぃキラキラ

ぱら~っとめくったところ、どうやらこの作者さんは左利きなようですね。

澪を左利きにしたのもそれが理由とのことで。。。むっふー♪

私が思うに、どうやら作者さんは澪さんがお気に入りなよーですね!

わかりますよーその気持ちめっちゃんこわかりますbikkuri01

往々にして作者というものは主人公ないしお気に入りキャラを自分に似せるといいますからねハート
飼い犬は飼い主に似るとはよく言ったものです(違

ふむー。

そういえば、どーでもいい話ですが私も左利きだったりします。
昔に矯正されて、今ではどっちでもいけるんですが・・やっぱり気を抜くと左メインで使ってたりします。

しかーし、あまり左利きというのは良い目で見られないんですよね。
親戚のおじちゃんにはよくいじめられました笑

そして、ある一つのキャラに肩入れをする。これも多分、誰しもがあるんじゃないんでしょうか?

私も例に漏れず、紗華夢夜虹をいたく愛してます。
本編ではまだ一度たりとも出てきてませんが、
後半で彼女のストーリーをぶちかますその日までは死ねないなと思っちゃうくらい!!(重w

とまー、勢いで書き綴ってきましたが。こほん。恒例のあれいいですか?

拍手ありがとうですっ

なんか色々な記事に拍手されていて驚きました。でっへへ嬉しいなー。ありがとねみんな3はーと

よーし、それじゃーけいおん読んできます!もちろん、ほとばしるほど熱き煎茶を淹れてねっ

| 徒然日記 | comments:0 | TOP↑ |

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒサルキゲーム サブキャラクター設定はてなブックマーク - ヒサルキゲーム サブキャラクター設定

親愛なる読者の皆様へ捧げます。

サルキゲームの物語 サブキャラクター紹介
 メインキャラクター紹介はこちらから

※重要なネタバレは含まれておりません 反転に気づいた人へ。以下全て裏設定です。
試験官

―ミヤコ―】 (お竜・京→惣流・キョウコ)

       「おかしなものね。本当は心のどこかで気づいているはずなのに。
                           どうして、それを認めたくないのかしら」


・年齢:35歳

・性別:女

・容姿:腰まで届く髪の毛は緑に染められている。
     眼鏡に泣きボクロ、そして着物姿といった和風美人の要素を全て兼ね備えている。
     が、
     それはあるゲームの物語においての『お竜』という役柄の際にだけである。
     ヒサルキゲームでは黒の軍服を着用し、髪をハーフアップに纏めている。

・性格:『あるゲームの物語』時と『ヒサルキゲーム』時では性格を使い分けている。
     あるゲーム時のお竜では、のほほんとしたおっとり系のお姉さんを演じ、
     ヒサルキゲーム時には試験官兼監視官のミヤコとして冷徹非情に徹する。
       
・補足:明達の保護者役であり、ゲームの解説役もこなす彼女は彼らに『先生』と呼ばれる。
     しかし、ヒサルキゲームからの彼女はまるで別人のように一変し、厳格な態度を見せる。
     ピースの正体に加え、ヒサルキゲームの真実を知っているようだが……。


参匹の霊獣

獣 黒虎―クロエ―】 モチーフは三賢者であるMAGIシステム:CASPERから


        「けっ、偉そうにベラベラと。勘違いするなよ。
                        オレに命令していいのはこのオレだけだ」


・年齢:およそ22歳前後

・性別:女

・容姿:黒髪のショートカットに凛とした赤眼。
     シロツキと同様の金の刺繍が施された制服を着ているが、明と同じくしてやや乱雑。

・性格:燈咲に負けず劣らずの直情的な性格に、粗暴極まりない口調が特徴的。
    やはり猫科である彼女は相当な気まぐれ屋である。
    相反すると思われるであろうシロツキとは昔馴染みであり良いライバルでもある。
    
・補足:戦闘能力のない相原明の代わりに夜虹と戦闘を行うといった、
     緊急処置を余儀なくされた不運な霊獣であるが、
     シロに戦闘狂と言わしめる程の戦闘好きの彼女にとっては楽しんでる様子さえ伺える。
     しばしば明を放って、どこかへ姿をくらます傾向にあるが……。

獣 白狐―シロツキ―】 モチーフは三賢者であるMAGIシステム:MELCHIORから


      「お嬢の笑顔を奪う人は、たとえあなた様であろうともこの私が許しません。
                    我が身を悪鬼に変えてでも必ずやお護り致します」


・年齢:およそ22歳前後

・性別:男

・容姿:長い銀髪に切れ長の碧眼。
     金の刺繍が施された独特な制服を身に纏っている。

・性格:一見、クールな出で立ちの彼だが、割と性格は快活的。
     霊獣の中では唯一の常識人であり、当然ながらクロエとは対照的な性格。
     まるで全てを既知しているかのような提言の数々及び、
     捉え所のない振る舞いに不信感を抱く者も多い。

・補足:ルールに則り、彼は戦闘には参加しない。
     ヒサルキゲームの説明役であるミヤコに代わって現場での指揮を執る。
     自分の立場を重々に理解しており、どのような事態にも達観した様子で対処を行う。
     上記によると、あくまでも事務的に行動する彼に見えるが、
     神塚燈咲に対する拘りは専属の霊獣といったそれを一線してしまっている……。

獣 金鷲―ラティア―】 モチーフは三賢者であるMAGIシステム:BALTHASARから


      「お願い、私と契約して。私を忘れててもいいの。
                思い出さなくてもいいの。ただ、貴方の力になりたいだけ」


・年齢:およそ14歳前後

・性別:女

・容姿:背中まで届く金髪に透き通るような金眼。眉目端麗な顔立ちは誰しも瞠視する。
     彼女だけ特別にセーラー服型の制服を着用しており、背中には翼用の穴が開いている。
    
・性格:普段はぽけーっとしており、内向的で恥ずかしがり屋な性格。
     しかしながら、何かの拍子に荒く凶暴的な性格に豹変してしまう。
     翼による縮地術に加え、波紋壁を携えているなど霊獣の中ではTOPクラスの性能を持つ。
    
・補足:ルールに則り、彼女は戦闘には参加しない。
     代わりに波紋壁を被験者へと託している。
     深柳凛に向ける恐ろしい程の愛念は、周りの者を度々困惑させる。
     霊獣としては、まだ生まれたての赤子同然であり、話し方が細切れで少々覚束ない。
     前回の記憶を持つ彼女は、豹変した際に明と燈咲に恨み言を放つが……。

ース】 

・年齢:不明

・性別:不明

・容姿:不明

・性格:不明

| 未分類 | comments:0 | TOP↑ |

このエントリーをはてなブックマークに追加

これからの執筆活動&ハマってる動画はてなブックマーク - これからの執筆活動&ハマってる動画

お知らせーって言うほどでもないんですけど
しばらくヒサルキゲーム中心で活動していきたいと思います。

本編はもちろんとして、ぐだぐだ日常系な短編とか、設定集の補完とか
ヒサルキに関しては色々書きたいこと尽きないんです。

お恥ずかしい話、毎日彼らのことばっかり考えてます。
仕事中も湯船の中でも後は、テレビを見ているときとか・・そういえば夢にもw

変ですよねーほんと笑

えっと、結局なにが言いたいのかと言いますと
やんまほはしばらくお休みってことです。

べ、別にこの前ので凹んだからってワケじゃないですよ・・w
勘違いしないでよねっ!(何

ってことで今一番楽しみにしている動画紹介




むっふっふー。熱いんですよこれがまた。
戦闘もスピーディに調節されていまして、ズームも迫力があります。
名勝負も多くて、たぶん私の中では一番のmugen動画だと思います。

え?女なのに格闘ゲームの動画とか見るのかって?

高校時代こっそりゲーセンに通っては対戦を挑んでましたが何か!?

| 徒然日記 | comments:2 | TOP↑ |

このエントリーをはてなブックマークに追加

改行はてなブックマーク - 改行

ある場所にやんまほを投稿してみた際、
改行をもっとたくさんして読みやすくして欲しいと言われてしまいました汗とか

いままで読みにくくてすいませんでしたorz
(今、かなり凹んでます。。)

やんまほに限り、投稿屋さんでは次から台詞の間に1行だけ改行しようかなと思ってます。

なろうさんでは特に手を加えません。代わりにお目目に優しいレイアウトへ変更しておきます。

それじゃー美容院いってきます!
せっかくのパーマが取れちゃってずっとストレートのままで過ごしてました笑
思い切ってショートにしようかなー
ショートなんて中学の時以来したことないです。

でも、せっかく伸ばしたのに切っちゃうなんて、なんかもったいないですよねw
それにいきなりショートにしたら職場の人に変な目でみられそう笑い。

あ。帰りにゲーム屋行こうかな。思い立ったが吉日、MYバイシクルにまたがり、
ってな感じで衝動買いして来ますねふるーつ☆Cultivation・笑(小)

| 徒然日記 | comments:0 | TOP↑ |

このエントリーをはてなブックマークに追加

続 グーグル検索についてはてなブックマーク - 続 グーグル検索について

はぁ。すみません重大なミスが発覚した為、夜虹の場合後編を緊急加筆修正。
どこまで掘り下げていいものか。ちょっとこの前編後編は神経質にならざるを得ないので…

※追記 再度読み直したところ、ヒサキの語尾が「でし。」になってて笑っちゃいました。
      シャオさまやっちゃったでしさくら
      ・・・はい。すいません。今度からちゃんと見直します。。

それでは、ちょっと驚いた話。
さっき、ふとヤンデレのネット小説ってどんなのがあるのかなと気になり
『ヤンデレ ネット小説』でググってみたところ、小説家になろう様の検索結果が一番上に。

そして、クリックしてみたら
コピー ~ zipyaru-20090428-6-020

なんかまた誰かさんの小説タイトルが出てきたし・・・しかもTOPに。なにこれこわい状態。本気で。
リアルで「えぇ、、うそ」と思わず呟きました無言、汗
これヤンデレ目当てで検索しにきてる人、怒ってるんじゃ。。後半じゃないとそれもないし。
申し訳ないなぁ・・・
とおもってたらー
新着順!?
あ、そ、そういうことですかbikkuri01
ふおおおびっくりしたーと同時に、なんかすごい不思議な気分になりました。
いやいや、こりゃ誰でも驚きますって。。まさか自分のが出てくるとは思わないしあせ

ま、気を取り直しまして。えーっと。一言いいですか
zipyaru-20090428-6-070.jpg
ここ一ヶ月の拍手の数にもう感無量です。一生分もらってしまったよーな気がハート
拍手をくださった方々、
そして続きを読むをクリックしようしたところ誤って拍手ボタンをクリックしてしまった方々、
ぜーんぶ含めて、

ありがとうございますっ

このような辺鄙な地に咲く君陰草のようなサイトにお越しくださっただけでも、本当に有難いことです。
この感謝の気持ちを謹んで作品にぶちかますとします。
そして、どうか皆様に一つでも楽しんで頂ければ・・

もう、もうそれで私は大満足です!うおおおん(重w

さて。話は変わりますが、〇〇〇〇!ってタイトルのアニメや漫画って
なんだかハズレが少ないよーな気がしませんか?

例としてネギま! ハヤテのごとく! よつばと! けいおん!

黒夕菜『ということは。つまり、それにあやかってタイトルを出せば・・・。ニヤッ』
asuka05.jpg

やんまほ!

――おお、こっちのが方がなんかいいかも。・・・ってタイトル変更できなかったの思い出したw

ひさるき!

・・・・・

私が浅はかでした

それでは次回はひさるき@れでぃおのチャプター2~作成予定♪
てなわけでー、この次も四ッ国、四ッ国ぅ~

| 徒然日記 | comments:0 | TOP↑ |

このエントリーをはてなブックマークに追加

二ヶ月ぶりのヒサルキ本編更新はてなブックマーク - 二ヶ月ぶりのヒサルキ本編更新

5/12更新 紗華夢 夜虹の場合 後編

なんやかんやして書いてきました。

なんやかんやは なんやかんやですbikkuri01
いやー、最近33分探偵にハマってしまって。つい全話みてしまいました笑
はい今頃ですw

何話だったか忘れてしまいましたが、
剛くん  「この事件。俺が33分持たせてやる・・・じっちゃんの名にかけて!」
水川さん「は、はじめちゃん!」のくだりがすっごい感動したのアップ

絶対絶対、やってくれるって信じてたふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート
あーもう、めっちゃ懐かしくて、涙でてきますww
やっぱ、私の中だと、はじめちゃん役は剛くんしかないなーkao03
またやってくれないかなぁ・・

話かわるんですけど、とうとうミックミクプレイヤーがお亡くなりに。。
そして、けいおん!チックにちょっとだけ変わったりしました音符
流行に乗っておきながら、みなさんに伝えなければならない重要なお知らせがあります。

けいおん!にハマってそうな私ですが・・・

なんやかんや言って一度も見てません!

だがしかーし、今回の作業用BGMは・・・


むふふふ。今日始めて聴きました。なにやらオリコン1位とか凄いらしいですね。
こうなったら私もギター買ってくるしか
見ようかなぁ。見たいなぁ。でも最初は原作からじゃないとダメ派だからなぁ。
欲しいけど人気すぎて全然売ってませんkao06

書きたいこといっぱいだけど、お腹空いたのでご飯作りながら桃鉄のプレイ動画みてきますkao02

続きを読むから今回のメルマガ

この記事の続きを読む

| 徒然日記 | comments:0 | TOP↑ |

このエントリーをはてなブックマークに追加

グーグル検索とこれからの意気込み?はてなブックマーク - グーグル検索とこれからの意気込み?

ふんふーん

そろそろヒサルキの続き書かないとなー

そういえばヒサルキのフリーゲームまだやってなかったなぁ・・あれ面白いのかなー

グーグルで検索~kao03
ええっと、『ヒサルk』・・・・・・えええぇぇ!?
もてぎ2


な、な、なにゃーーーーっ!?

ebe6d653.jpg

なんか検索候補に誰かさんの小説タイトル出てきたし・・・

グーグルさん何考えてるんですか
こんなしょーもない小説を候補に入れてくれるなんて、
ほんまグーグルさんの優しさは五臓六腑に染み渡るで
ま、数日後には消えてそうですが笑

それよりご投票及び、拍手ありがとですーっハート
毎回ありがとーってうっとうしいかもしれませんが、言わせてください!

その1クリックがどれだけ、どれだけの活力&励みになるのか・・・ぐっすんおよよ涙(重w

ダメだダメだダメだ! 現状に満足しちゃうよーじゃダメだ! あぐらをかくんじゃない夕菜!

私は今、モーレツに熱血しているっびっくり

| 徒然日記 | comments:0 | TOP↑ |

Powered By 我RSS ブログパーツ

Powered By 画RSS

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。