2009年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年02月

| PAGE-SELECT |

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイトはてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | コメント(-) | TOP↑ |

このエントリーをはてなブックマークに追加

なつみSTEPに隠された真実はてなブックマーク - なつみSTEPに隠された真実

natsumi_2.jpg



ググってはいけないワードに選ばれた『なつみSTEP』
この有名なフラッシュについて簡単に説明をしていきたいと思います。


実はこのフラッシュには、
ある『裏』が隠されていることをあなたはお気づきになられたでしょうか?

ああ、この話かって思った人は、ブラウザを閉じて頂いて結構です。

まずタイトルである、なつみSTEPの『STEP』の意味ですが、
最初にこのフラッシュを見ただけでは
「失恋から立ち直る意味のSTEP」かな?って思いますよね

実はこの主人公であるなつみ、人殺しをした後に自殺をしているのです。

そう、この『STEP』の本当の解釈は、
「駅のホームで飛び下り自殺をする」というのが正しいのです

-----これからはイメージを崩したくない人は見ないように-----


まず、順を追って説明していきましょう。

とりあえず、何も考えずにこの動画を見ていってください。
所々、あれ?っと思えるような意味深な場面がちりばめられていると思います。

0:13秒の辺り、彼氏のような男の人のシルエットと、
セーラー服のなつみが言い争いをしている場面がありますよね。

その後、なつみが後ろを向く瞬間、よく見てみてください。

男の人のシルエットが揺れていますよね?
これは『撲殺した後に木に吊るしているからです』

何故撲殺とわかる? ただ歩いているから揺れてるんだろ?

そういった疑問には後々答えます。

その後、軽やかな曲と一緒になつみがモナーたちと踊っていますよね。

その左上に注目して下さい。

安堂 なつみ
7/20/23:36 着


深夜11時半なのにこの場面では空が明るい。これは不自然ですよね。

その後、
再生を進めていくとなつみが悲しそうな表情で電車を待っているシーンがあります。
1:08秒辺り)

ここで注目して欲しいのは『時計』です。
よく見ると先ほどの時間である「23時36分」を指しています。

そう、つまり23時36分になつみが飛び込み自殺をし、
そして、このモナーたちの世界に到着したということになります。


それではこのモナーたちの世界とはなんなのでしょう。

再生を進めていきます。すると、みんなとお別れをするシーンがありますね。
次に注目して欲しいのはなにやら意味不明な看板です。(1:29秒辺り

しかし、これにも意味があります。
なつみが乗っている電車の進行方向とは逆に指されている上の看板には
「TeN59」=「天国」
進行方向である下の看板には
「Gi59」=「地獄」となっており、

「天国から地獄へとなつみの電車は移動している」との見解に行き着きます。

最後にペンダントを投げ捨てるシーンは無論のこと、
彼氏との思い出を捨てる場面です。

何も知らずにこのまま終わりをみれば、
ああ、なつみが次の恋愛にSTEPしたのか程度に思ってしまいがちですが、

いやはや。あまりにもそれでは、背景が悪意に満ち溢れています。

ここまで露骨に地獄であることを示唆しているのも、
見ている人に簡単に疑問を抱かせる為の作者の意図だと思って間違いないでしょう

へえ、なるほど。
じゃあ、これはなつみが失恋して自殺をした話ってことなんだね。
すごい!こんな裏があったなんて!



ちょっと待って下さい。

残念ながら、これでもまだ真実には辿り着いてはいません。

ここまでがなつみSTEPの表であり、作者の悪質な罠なのです

これからが真実です。

先ほどにも述べましたが、
私の見解ではなつみは確実に彼氏を殺しています

口論した結果、かっとなって彼氏を殺しているではなくて、

なつみは既に殺すつもりで彼氏に会っていたと思います。

そして、すぐに自分も自殺をするつもりで。

さらに言うなれば、
「なつみは既に病んでいた」とまで考えております。

引き金は、彼氏の浮気あたりでしょうか

事件のあらましはこうです

夕方なつみが彼氏を呼び出す。
このとき彼女はバールを持ってきております。(何故バールかは後述)

彼氏と口論。やり直せる最後のチャンスだったが、
やっぱり彼氏を殺して自分も死ぬしかない

隠していたバールで殺害。
その後、木に吊るすなどして彼氏に対する惨い仕打ちをする。
(首吊りは思っている以上にひどい死に様になります)

その後、一旦帰ってあらかじめ用意していたお気に入りの格好に着替える。
(死後、2chのキャラたちに見送られている場面を見るに、
彼女はメンヘルな気質も持ち合わせていると思います。)

そして同日、23時36分に電車に飛び込み自殺。


1.地獄に行ったことから彼女は単なる自殺ではない

2.製作者の隠しページをいじるとなつみの泣き顔が再生される

http://koshiandoh.com/flash-gallery01/natsumi-step/naki.swf

これを、なつみの手元まで映されるようにウィンド操作すると、

手にバールを持っているのが判明する。

3.そして、ENDが右下に出された後、右クリックで再生を押すと『なつみの本性が出ます』

最後に、このテーマソングは『線路は続く、どこまでも』

そう、続くんです。どこまでも。

この意味わかりますか?

他のサイトだとごちゃごちゃしていたので、自分なりに簡単にまとめました。

続きを読むをクリックで『なつみの本性』画像です。

それでは今日はこの辺で失礼致します。



さ、さすがになつみのヤンデレ事件簿には無理があったかなあ…w
スポンサーサイト

この記事の続きを読む

| 都市伝説&怖い話 | comments:37 | TOP↑ |

このエントリーをはてなブックマークに追加

第一弾 私的ランキングベスト5はてなブックマーク - 第一弾 私的ランキングベスト5

みなさま、新年明けましておめでとうございますきゃー

早いもので、もうお正月ですよー。2010年ですって奥さん!あらやだっ

ホント、いつの間に!?って感じ手書き風シリーズ汗1

そういえば、本当は新年明けまして~は間違いらしいですね。
「新年おめでとう」もしくは「明けましておめでとう」が正解だとか。。。

ま。ま。わかっちゃいるんですけど、ついつい語感が良くて使っちゃうんですよねアップロードファイル

さーて新年の挨拶もそこそこに今日はこんな企画を用意してみましたっ

ザ・私的なんでもランキング ベスト 5

企画もなにも、ただ私の好きなものをランキング形式にあげていくだけだったりしますエヘ

ではでは、さっそくー

第一弾はやっぱりこれかな?


私的なんでもランキング ≪ゲーム部門≫

第5位:聖剣伝説2 <スクウェア>


4327041.jpg

小学生の頃、友達の家に行っては毎日のようにやり込んでいた思い出のゲームです。
ポポイがめっちゃくちゃ可愛いかお
もちろんあの有名なバグには何度も泣かされました。。。

どんなバグ?ってな人はこちら

スクウェアが当時出した注意書き

聖剣伝説2をプレイされる皆さんに

・ ボスを倒した後の爆発アニメーションの最中にセレクトボタンを押すと、
 その場所から出られなくなってしまう場合があります。
・ 上のような事が起きないようにするには、ボスを倒した後、「やったー」
 というメッセージが表示されるまで、コントローラーのボタンを押さないようにお願いします。
・ もしも上のような事が起きてしまったら、
 申し訳ありませんが、リセットボタンを押して直前のセーブからやり直してください。
・ ユーザーの皆さんにはご迷惑をおかけしました。深くお詫びいたします。

このようなバグはありますが、このゲームは本当に面白いです。
思い出補正を抜きにしてもね花キラキラ

第4位:風来のシレン外伝アスカ <チュンソフト>

コピー ~ 4ce018bb

私的にローグライクの至高とも言える作品

なにが至高かと言いますと、知る人ぞ知る『裏白蛇』
このダンジョンにローグライクの醍醐味全てが集約されています。
驚異的な難易度ですが。。(出難い保存、全て未識別、良アイテム出現無しetc,)

私のtwitterでもこの前、裏白蛇を実況(?)したりしていました。
それくらい今でもハマってます。
ちなみに画像はそのときクリアしたものです。3時間切りには程遠いがっくり

第3位:Kanon <Key>

春が来て
――ずっと春だったらいいのに


kanon_makoto009.jpg

ええー!?ギャルゲーかい!との声も聞こえてきそうですが。。
この作品、なめてかかったら痛い目にあいます。ていうか、あいました私が手書き風シリーズ汗1

友人が「これ泣けるんだよー;」って勧めてきてくれたのが始まりでした。
本音を言いますと最初このゲームを手渡された時に内心、
「うわぁ。ゲーマーの私でもさすがにギャルゲーはちょっとなぁ。。
 友人には悪いけど、さわりだけプレイしてすぐに返そっと」


が、しかし

三日後、全てをコンプリートしてしまった私がいました…。
バッドENDからグッドENDまで完璧に攻略して一つ思ったこと――

ギャルゲーをバカにしてごめんなさい


画像でもわかるとおり、お気に入りは真琴です。
ネタバレになってしまうので厳密にはいえませんが、
どんどんとああいう状態になっていってしまう真琴に、
もう、もうね。。ボロボロと涙がとまらなくてkao06

書いてる今も思い出してまた泣きそうに。。
本当に、これは天地がひっくり返るほどの衝撃的なゲームでした。

隠す必要もないのでこの際、言ってしまいますが、
私の小説「ヒサルキゲーム」を書くきっかけとなったのはこのゲームに他なりません。




第2位:コープスパーティ <フリーゲーム>

c0016395_514792.gif

カノンが私の小説に影響をもたらした作品なら、
このコープスパーティは私のゲーム生活に影響をもたらした作品です。

これにハマったおかげで、どれだけのホラーゲームを買ったことやら。。
フリーのホラーゲームも色々プレイしまくったし。

ちなみにこの作品、同人でブラッドカヴァーなるものも発売されており、
それももちろんプレイ済みです。

ですが…個人的な意見としましては雰囲気やストーリー、キャラクター、などなど
全てにおいてフリーゲームの方のコープスに軍配があがるかなぁと思ったり。

でも近々コンシューマーでブラッドカヴァーの完全版が出るとのことなので
とっても楽しみにしておりますかお
こういうゲームは最後までやってみないとわかんないですからねw



第1位:MOTHER2 ギーグの逆襲 <任天堂>

おとなもこどもも、おねーさんも。


6234226_m.jpg

語るまでもないと言っちゃいたくなる程に愛してやまないゲームです。
総クリア数 十数回。SFC版とアドバンス版両方ともやり込みました。

このゲームは、褒めるところが多すぎて何から言えばいいのか困ります。

世界観に始まり、全ての登場人物の言い回し、ドラムカウンターシステム、
敵キャラの可愛さ、ネスとポーラの甘酸っぱさ、BGM、どせいさん、マジカント
デパートでポーラが連れ去られた時の不安感、全員が自分がNo.3だと言い張るモグラさん
そして、ギーグを倒す際の祈りの演出。。。

ああ、他にもいっぱい良いところがあって書き尽くせない手書き風シリーズ汗1

このように、たくさんの魅力に溢れている作品です。

でもね。このゲームの本当に素晴らしい点はね――

ネスとポーキーの切ない関係


実は、とても深いんですよねこの二人。
一度プレイしただけだと「なんだこのポーキー。ヤな奴だっ!」ってなるんですが、
何度もプレイすることによって、ポーキーの悲しき背景が見えてきます。

以下、WIKIより引用。

ポーキーと『2』の主人公ネス

マザー2とマザー3のポーキーは切ない参照 

ポーキーが『2』の主人公ネスの冒険を妨害しようと介入したのは、
親からの愛情がなく、ひねくれた性格故に友人もいなかったポーキーにとって、
ネスが唯一自分にかまってくれる存在であったからであり、
『2』での決戦時における狂的なセリフは素直になれないゆえの、
ネスを大事に思う気持ちの裏返しであった。

『MOTHER3』で『彼』が主役の映画を大都会ニューポークシティで流していたり、
『彼』や自分に関わった道具などを大切に展示したり、
「ともだちのヨーヨー」をメイドに守らせていたりしていたことから、
ポーキーにとってネスがどれだけ大切な存在だったかが示唆されており、
まるで遊び感覚で残虐な悪事を重ねる彼の、わずかな理性と後悔の念を支える
おそらく最後のストッパーであったことが伺える。

ちなみに、ネスの内面世界であるマジカントでのポーキーの言動からして、
ネスはポーキーの感情をおぼろげながらも理解していた節がある。




余談ですが、この作品には小説版があります。再びWIKIより引用。

『2』の小説版におけるポーキー


小説版ではギーグと合体し、
巨大な脂肪の塊となってネスたちに襲い掛かるもネスの手によって葬られたが、
その後世界が新しく書き換えられ、ネスの兄として復活する形となった。
そのことにより性格もまったく逆に変わり、さわやかで弟妹想いな好青年になっている。





…これはあくまで私個人の意見ですが、ポーキーは救われてはならない人物です。

なにもかもハッピーエンドにすればいいってもんじゃない

それを望む人が多いからこその小説版なのかもしれませんし、
こんなことを言ってしまうのは野暮というものでしょうけどね。。

いやー、熱く語っちゃいました泣く
好きなものになるとついつい。。w

ってなわけで今日はこの辺で失礼致します。

最後に、このメロディをあなたへ贈ります――



| 未分類 | comments:0 | TOP↑ |

Powered By 我RSS ブログパーツ

Powered By 画RSS

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。