PREV | PAGE-SELECT | NEXT

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイトはてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | コメント(-) | TOP↑ |

このエントリーをはてなブックマークに追加

【都市伝説】だるまさんが転んだ&砂嵐にまつわる怖い話3本はてなブックマーク - 【都市伝説】だるまさんが転んだ&砂嵐にまつわる怖い話3本

img_20100727T154317848.jpg



1.絶対にやってはいけない だるまさんが転んだ

2.砂嵐にまつわる怖い話3連発






絶対にやってはいけない だるまさんが転んだ



43 あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/12/24 04:44

お風呂に入って頭を洗っている時、「だる
まさんがころんだ」と口にしてはいけません。頭の中で考
えることも絶対にヤバイです。何故なら、前かがみで目を閉じて頭
を洗っている姿が「だるまさんがころんだ」で遊んでいる様に見える
のに併せて、水場は霊を呼び易く、家の中でもキッチンやおふ
ろ場などは霊があつまる格好の場となるからです。さて、洗髪中に
いち度ならず、頭の中で何度か「だるまさんが
ころんだ」を反芻してしまったあなたは気付くでしょう。青じ
ろい顔の女が、背後から肩越しにあなたの横顔を血ば
しった目でじっとみつめていることに.....。さて、あな
たは今からお風呂タイムですか? 何度も言いますが、
いけませんよ、「だるまさんがころんだ」だけは。


※有名な都市伝説ですね
 是非試してみてください。
 え?試してみたけど背後に女なんていなかったよって?
 そりゃそうですよ。
 だって、本当は天井からあなたを見つめていたのですから


おまけ動画



砂嵐にまつわる怖い話③連発

その1

105 本当にあった怖い名無し 2007/02/18(日) 03:33:36 ID:4LwR/GHgO

怖がりな私には洒落にならなかった話。というより思い出したら「うわ~」と思った。

怖がりな私はテレビをつけたままで、部屋の明かりを消して寝ていた時があった。
その日もテレビのみをつけたままで寝た。

ふと目を覚ますと、背中からザー…とあの砂嵐の音が聞こえていた。

「ああ…番組終わったんだ。テレビ消さなきゃ。でも怖いな。
その内、番組が始まるからいっか」


と無視することにした私は、そのまま背中を向けて寝ようとした。

砂嵐は時折無音になると思うけど、この時もそうだった。

「ザー…(無音)ザー」

というような音が続くなか、その無音部分に呻くような低めの声が、二度聞こえた。

「ザー…(う~)…ザー…(う~)…」

「え?」と思ったものの、怖かったので、とりあえず手探りでリモコンを手に取りテレビを消した。

…寝起きだったので、呻き声は気のせいかもしれないのだが。



106 本当にあった怖い名無し 2007/02/18(日) 04:03:01 ID:fUuHKEPNO

>>105
似たような経験しましたよ。
確か去年の夏頃
布団に入りながら携帯の有名(?)な怖い話のサイトを見てたら
テレビから、

(あけて… あけて…ありがとう…)

っていう生気のない奇妙な声が流れてきたから、
え…って思いながらも恐る恐るテレビの方に顔をむけたら

その声とは真逆な
やかましいパチンコ番組(内山くんとか出てたような…)がやっていました。

今ならリングの台とかあるから聴き過ごすところですけど、その時の台は北斗でした。

かなり怖くてその夜は寝れませんでしたよ…。




その2


ある男性がテレビをつけっぱなしにして寝てしまった。

夜中、雑音に目を覚ますと
テレビの画面には放送終了後の砂嵐が映っている。

まだ目が完全には覚めていなかった彼は
しばらくの間ぼんやりと砂嵐を眺めていたが、
やがて彼の目の前で奇妙なことが起こった。

画面の砂嵐が消えてしまい、
代わりに大勢の人の名前がテロップで流れ始めたのだ。

何か大きな事故でも起きたのだろうか?
そう思いながら画面を眺めていた彼は、
流れるテロップの中に自分の名前が入っているのを見つけてしまった。

その後もテロップは何の説明もなく延々と流れつづけ、
最後の一人の名前が流れ終わると、
画面はまるで何もなかったかのように砂嵐に戻っていった。

チャンネルを確認すると、ついているのはNHK。

背筋に寒いものを覚えた彼は、翌朝になるとさっそくNHKに電話し、
あのリストの正体を職員に尋ねた。

電話に出たNHKの職員の答えは簡単だった。

NHKでは放送終了後に受信料未払い者の一覧表を流しているのだという・・・


その3

15年くらい前夜中の2時30分頃。
テレビをつけたらカラーバーが映っていた。

この時間は放送やっていなかった。

すると急に画面が切り替わってゴミ処理場が映し出された。

そしてテロップにNNN臨時放送と出て、
ひたすら処理場を遠景で映し続けていた。

しばらくすると人の名前がスタッフロールのようにせり上がってきて
ナレーターが抑揚のない声でそれを読み上げていった。

バックには暗い感じのクラシックが流れていてそれがおよそ5分くらい続いあと、

最後に

「明日の犠牲者はこの方々です、おやすみなさい。」と・・・

※心臓の弱い方閲覧注意

| 都市伝説&怖い話 | comments:1 | TOP↑ |

Powered By 我RSS ブログパーツ

Powered By 画RSS

コメントのみ入力でお気軽に投稿できます

都市伝説と怪談の定義と境界線が曖昧ですなぁ…。

洗髪時の背後の妙な気配はあるあるオカルトネタですよね。しかし天井ってねーちゃんw

砂嵐は洒落コワで読んだ気が。NHKとデスノート。これは都市伝説に分類されるんですかねー?

あと記事の最後に「心臓の弱い方注意」って……ねーちゃん……。

| 墨鴉 | 2010/09/02 00:47 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://asunoakiusagi.blog36.fc2.com/tb.php/255-60fbd00b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。