PREV | PAGE-SELECT | NEXT

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイトはてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | コメント(-) | TOP↑ |

このエントリーをはてなブックマークに追加

鍵穴はてなブックマーク - 鍵穴

かぎ



私がまだ4~5歳の頃の話です。

当時、家には風呂が無く、よく母親と銭湯に行っていました。

まだ小さかったので母と女湯に入っていました。

そんなある日のこと。

体を洗った後、飽きてしまった私は湯船の中でプールよろしく遊んでいました。

すると、湯船の横の階段を昇ったところにドアが付いているのを発見したのです。
(今まで気付きませんでした)

私はなんとなくそのドアが気になって、階段を昇りドアの前まで行きました。

そのドアノブの直下には大きな鍵穴があるのです。

もしかしたら、あっち側が見えるかな?

ワクワクして覗きました。

しかし――向こう側は何かに覆われて見えない。

なんだ、つまんない。

いったん顔をあげましたがやはり気になり、

もう一度だけと、鍵穴を覗き込みました。

ぼんやりとした明かりの中、ボイラーとおぼしき機械が見えました

おー、スゴいスゴい!

夢中になって覗いていました。

そのときです。

ドアの向こうの気配、それとも何かが知らせてくれたのか、

突然、私は目を離して身を引いたのです。

次の瞬間・・・・・・

鍵穴からマイナスドライバーの先端が狂ったかのように乱舞していました

私は息を呑んでそこを離れました・・・。

もし、あのまま覗いていたら――


| 都市伝説&怖い話 | comments:0 | TOP↑ |

Powered By 我RSS ブログパーツ

Powered By 画RSS

コメントのみ入力でお気軽に投稿できます















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://asunoakiusagi.blog36.fc2.com/tb.php/289-4f50d61a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。