PREV | PAGE-SELECT | NEXT

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイトはてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | コメント(-) | TOP↑ |

このエントリーをはてなブックマークに追加

二ヶ月ぶりのヒサルキ本編更新はてなブックマーク - 二ヶ月ぶりのヒサルキ本編更新

5/12更新 紗華夢 夜虹の場合 後編

なんやかんやして書いてきました。

なんやかんやは なんやかんやですbikkuri01
いやー、最近33分探偵にハマってしまって。つい全話みてしまいました笑
はい今頃ですw

何話だったか忘れてしまいましたが、
剛くん  「この事件。俺が33分持たせてやる・・・じっちゃんの名にかけて!」
水川さん「は、はじめちゃん!」のくだりがすっごい感動したのアップ

絶対絶対、やってくれるって信じてたふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート
あーもう、めっちゃ懐かしくて、涙でてきますww
やっぱ、私の中だと、はじめちゃん役は剛くんしかないなーkao03
またやってくれないかなぁ・・

話かわるんですけど、とうとうミックミクプレイヤーがお亡くなりに。。
そして、けいおん!チックにちょっとだけ変わったりしました音符
流行に乗っておきながら、みなさんに伝えなければならない重要なお知らせがあります。

けいおん!にハマってそうな私ですが・・・

なんやかんや言って一度も見てません!

だがしかーし、今回の作業用BGMは・・・


むふふふ。今日始めて聴きました。なにやらオリコン1位とか凄いらしいですね。
こうなったら私もギター買ってくるしか
見ようかなぁ。見たいなぁ。でも最初は原作からじゃないとダメ派だからなぁ。
欲しいけど人気すぎて全然売ってませんkao06

書きたいこといっぱいだけど、お腹空いたのでご飯作りながら桃鉄のプレイ動画みてきますkao02

続きを読むから今回のメルマガ
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆2009.05.12◆◇

 【ヒサルキゲームノ世界】---VOL.01----

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 相原アキラは、ゲームが趣味の平凡な高校生。
 ある日、彼の元へ一つのゲームソフトが降ってきた。
 それには『あるゲームの物語』と書かれていた。
 
 あらゆるゲームを知り尽くしていた彼が知らないゲーム。
 そう――これは『被猿鬼』の世界。
 誰かが誰かの皮を被り、そして惨劇は始まる。

【最新話】 case.0 紗華夢 夜虹の場合 後編

     http://works.bookstudio.com/author/10791/11152/19.htm

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
深柳 「まさかだったな」

アキラ「ああ。まさか購読してもらえるとは、いささか驚きを隠せん」

深柳 「とはいえ、僕らの出番は」

アキラ「うむ。二週続けて、また無しだ。ま、俺は楽だから一向に構わんぞ」

深柳 「遠吠え?」

アキラ「ほっとけ」

ヒサキ「はー。疲れた疲れた。目ん玉痛いったらありゃしない。しっかし、説明もなしに霊鳴とかD型集束とかって、読者の人たち絶対置いてけぼりね。ま、本編ではちゃんと説明するけどって、私は説明好きの村人A役なのかしら。なんだか面倒な役割は全部、私がやってるような。・・・あら、何よ二人とも。しけた面しちゃって」

深柳 「はぁ。三人組ってさー」

アキラ「こう一人だけ売れたり」

「するんだよな・・・」

ヒサキ「むくれないむくれない。これだけは言っとくわ。べ、別に私達はお笑い芸人なんかじゃないんだからねっ」

アキラ「おい、なぜ無駄にツンデレ要素を付け加えた」

―その頃、自動販売機の裏では―

夜虹 「いいなぁ、三人とも楽しそう。なんだか入っていけないや・・・」

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

作者の呟き:『夜虹が求めるはずのカップラーメンは当初、辛ラーメンの予定
       でしたが、結構ヤバいラーメンだったので急遽変更しました』

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


 雪が降っていた。 

 ひらひらと舞い落ちる紅い粉雪。

 真っ赤に染まる空を、私はただ無表情に見上げていた。

 時折吹く風が、ベッタリと頬に張り付いた血を乾かしていく。

「どうしてだよ! どうして、お前が!」

 不意に聞こえてくる涙混じりの声。

 振り向くと何かを抱きしめながら泣いている男の子がいた。

 真っ赤な絵の具をぶちまけたかのような雪のシーツにたくさんの肉塊が散乱している。

「奏、なんでこんなことを……」

 かなで――?

 この人は誰のことを言ってるんだろう。
 
 だって私は、私の名前は――

 The hisaruki game

 特別サイドストーリー ―紗華夢 夜虹の場合―
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 目に見えるものだけが全てではございません。
 さて、貴方にはこの世界の真実がお解りいただけるでしょうか?

 ※これは冒険ファンタジー物の皮をかぶった何かです。
  なお、グロテスクな表現及び独特な一人称要素を含みます。
======================================================================
発行者案内
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
『ヒサルキノ世界』(不定期)
【編集・発行】オータムラビッツ運営
【ブログ】 http://asunoakiusagi.blog36.fc2.com/
【メール】 http://form1.fc2.com/form/?id=409551
 ◎ぜひお気軽に、ご意見、ご要望などコメントもしくはメールください。

| 徒然日記 | comments:0 | TOP↑ |

Powered By 我RSS ブログパーツ

Powered By 画RSS

コメントのみ入力でお気軽に投稿できます















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://asunoakiusagi.blog36.fc2.com/tb.php/77-8096e20b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。